第133回 住まいの最新情報 『水害に備える』

 今年は台風による自然災害の被害が凄まじく、誰もがその存在を意識せざるを得なくなりました。
特に特徴的だったのが、豪雨や台風による水害です。
これまで対策をしてこなかったという方にも、ぜひ水害に備えて知っておいて頂きたいことをまとめました。
まず重要なのが「ハザードマップ」の確認です。
みなさんは自分が住んでいる地区をハザードマップで確認したことはありますか?
予め自然災害が起こった場合、その被害がどの程度まで及ぶ可能性があるのかなど、地域の災害に関する情報が頭に入っていれば、実際に災害にあっても被害を最小限に抑えることができるかも知れません。
まずはハザードマップを確認し、どのような備えをすべきなのか考えてみましょう。
あとは、火災保険に「水災」がついているかどうかを確認してください。
水災をつけると値段が上がるので意図的に外している方もいるかと思いますが、今一度見直しをした方が良いかも知れません。
そして、水没被害や地震で1階が潰れてしまうということを想定して、2階に備蓄庫や寝室を作るということも対策の一つです。
災害はいつ何時襲ってくるのか分からないものですから、日頃から対策をしていくことがとても重要になります。
今一度、ご自宅の状況を確認して、備蓄品の整理なども行ってみてください。


2020年01月01日