第121回 住まいの最新情報 『ハネアリ被害』

 皆さん、ハネアリってご存知ですか?
蟻にはクロアリとシロアリがいますよね。
ハネアリという特別な種類が存在するのではなく、普通のクロアリやシロアリに羽が生えたものがハネアリになるんです。
ここで重要なのが家の中で見かけたハネアリがクロアリなのかシロアリなのかということです。
これから季節は梅雨を迎え、茶色い羽根のハネアリを見かけたら、それは間違いなくシロアリです。
イエシロアリといって建物全体に被害をもたらす可能性があります。
茶色いハネアリが飛び立つのは5月中旬から始まって、7月の梅雨明けまで続きます。
そして気をつけなければいけないことは、この茶色いハネアリが大群で発生したら、ほぼ間違いなくシロアリが家の中に侵入しています。
家全体がシロアリ被害で取り返しがつかなくなる前に弊社に相談して下さい。
シロアリは4月ごろから活動をはじめ、4月下旬ごろから5月下旬ごろまで発生するのがヤマトシロアリでその後イエシロアリとなっていきます。
これから梅雨が明けるまではシロアリの発生には十分に気をつけて下さい。
多くのハネアリが家の壁の隙間や天井から発生するようでしたら、迷わずご相談ください。
早期の駆除と予防対策で大切なお住まいがシロアリに侵食されるのを防ぐことが必要です。


2019年07月01日