太陽光発電システム

太陽光発電システムって何ですか?

太陽光発電は、太陽電池を用いて、太陽のエネルギーを直接、家庭で使える電気に変換する発電システムです。
太陽光発電システムの中心になっているのが太陽電池です。
太陽電池は太陽光(エネルギー)を吸収して直接電気に変えるエネルギー変換器のことです。
シリコンなどの半導体で作られており、この半導体に光が当たると日射強度に比例して発電することができるのです。太陽光発電システムで「年間消費電力の70~90%をカバーできれば、日中の電気代は十分にまかなえる」と言われています。
晴れている日であれば日中は発電した電気を使い、夜間は発電しないので電力会社の電気を使用します。雨の日や曇りの日も発電量は少なくなるので、電力会社の電気を併用して使用します。

太陽光発電システムのメリットは?

 まず最初に挙げられるのは電気代の節約です。家庭内で使い切れない電気は電力会社が買い取ってくれるため、電気代の大幅な節約が期待できます。
従来は設置用途や年度毎に買取価格に変動がありましたが、新しい制度では向こう10年間は価格を固定して買取が行われるので安心です。
また、停電時でも自立運転機能付きシステムなら、専用のコンセントを非常用として使えます。
昼間の災害時は、太陽が出ていればラジオを聞いたり、携帯電話を充電したり、冷蔵庫を使ったりできます。最大1500Wまで使用が可能です。
雨の日や曇りの日も発電量は少なくなるので、電力会社の電気を併用して使用します。

どのくらいの容量の太陽電池が必要?

 家庭によってライフスタイルが大きく異なるので一概には言えませんが、たとえば4人家族の場合なら、5kW相当の太陽電池を設置すれば、ほぼまかなうことが可能であると言われています。
 一般家庭が使用する平均年間消費電力量は、約4,482kWhとされていますので4kw相当の太陽電池を設置すれば昼間の電力はほぼ、まかなえます。
太陽光パネルにするとパナソニック電工製の太陽光パネルで18枚~28枚あれば十分です。

施工は白浜工務店に頼めるの?

 白浜工務店ではパナソニック電工の施工認定を持っている担当者を中心に最善のご提案を行うと同時に、国や県・横浜市の補助金申請のお手伝いも行っております。もちろんパナソニック以外のメーカーのパネルの施工も可能ですのです。
お客様のお住まいの状況により、最善のご提案をさせて頂きます。太陽光発電システムに関してご不明な点や疑問等がございましたら、遠慮なくご相談下さい。