中古住宅再生(リノベーション)

中古住宅再生(リノベーション)とは?

 中古住宅再生とはリノベーションとも言われ、建て替えを行わずに既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりすることを指します。
また建物の経年にともない、時代に合わなくなった機能や性能を時代の変化にあわせて新築時の機能・性能以上に向上させることとされています。
現在のお住まいを建て替えるのではなく、建物全体を細部まで調査して不備がある個所を改修することで、更に永く住める住宅にするのです。
この際、構造部分(基礎や柱、梁、小屋裏など)を入念にチェックして老朽化や補強しなければならない個所は一部を解体しても調査しなければなりません。
マンションなどの場合は躯体そのものを改修することはできませんので、一般的に大幅なリノベーションをされる時は一度内部を解体してスケルトンにしてから間取り等の変更や設備機器の入れ替えをするケースがほとんどです。
また、マンションの場合は排水管の位置が決まっていて、水廻りの位置を移動することが容易にできない場合もあります。

新築と中古住宅再生(リノベーション)はどちらがお得?

 今のお住まいを建て替える場合に既存の建物を解体して新築住宅を建てるのか、既存の建物を利用して大幅なリノベーションを行うかで迷われている方も多いのではないでしょうか。
実際にはどちらがいいのでしょうか。これは難しい選択かもしれません。築年数によっても変わってくると思います。
現在のお住まいが1981年以降に建てられたものであれば、建築基準法「新耐震設計基準」で建てられたものなので構造的には大幅に手を加える必要がないと思われます。(調査は行ったほうがいいと思いますが)
これ以前に建てられた建物であれば、耐震基準を満たしていない場合が考えられますので、入念な調査をしなければなりません。
場合によってはリノベーションより解体して新築したほうがいいケースも出てくると思います。
中古住宅再生のメリットは使える部材の再利用が出来ることがあげられます。
思い出のある柱などを新しい住まいに再利用することで思い出を継承していくことができますし再利用することでリノベーションの予算を下げることもできるのです。

 中古住宅再生の場合の予算の目安は新築する場合の70%~80%以下になることがひとつの目安だと考えて下さい。
これ以上になるようでしたら、新築も検討する必要があると思います。
白浜工務店では既存のお住まいを調査したうえで、お施主様のご要望を考慮してお見積書を作成致します。
お見積もりが新築する場合と比べて頂いて70%~80%以下になるようでしたら、リノベーションをお勧めしています。

中古住宅を購入してリノベーションする場合

 中古住宅を購入してリノベーションする場合のメリットは、便利の良い場所を新築より安い値段で手に入れる事ができることです。
築年数によっては土地だけの値段で購入する事も可能です。
この際に気をつけなければならないことが、先ほども触れましたが建物が1981年以降に建てられたものかどうかです。
またシロアリや湿気の多い場所ですと構造(土台・柱・梁)などが腐食していたりする場合がありますので、事前に入念な調査が必要です。
白浜工務店ではお客様のご要望があれば、中古物件の調査を行い購入してから、リノベーションするのに適した物件かどうかを判断致します。
是非、お問い合わせ下さい。