第66回 知って得する備蓄品情報 『アルファ米って美味しいの?』

「東日本大震災」から丸6年が過ぎました。
震災直後に備蓄品を揃えられたご家庭では、一部備蓄品の賞味期限が気になる時期だと思います。
アルファ米の賞味期限は一般的には製造から5年です。
是非、確認をして下さい。

今回は賞味期限が切れた、あるいは期限が迫っている「アルファ米」の活用方法について調べてみました。
「アルファ米」にも白飯から赤飯や五目御飯などたくさんの種類があります。
白飯は雑炊や丼のご飯として食べると、ほとんど普通の白飯と変わらない味で食べることができます。
また、ライスバーガーや五平餅にしても美味しく食べられるようです。

ポイントはお湯で調理する場合、規定の分量のお湯を注ぎ込んで15~20分程度待つのですが、ここで10分ほど余分に蒸らすことでべたつき感が緩和され、比較的美味しいご飯になります。
もちろん非常食ですので、炊いたご飯に比べれば美味しさは劣りますが、十分に食べることができる美味しさだと思います。
その他の五目御飯やドライカレー・ピラフなどもちょっとした工夫で美味しく食べることが出来るようです。
詳しいレシピはスマホやPCで「尾西食品美味しいレシピ」と検索してみて下さい。


2017年03月02日