第64回 住まいの最新情報 『入浴環境の変化』

 入浴をシャワーで済ませる人が若年層を中心に増加してきているようです。
寒い冬場でもシャワーで入浴を済ませる人が多いそうで、夏の暑い時期では40~60歳代でも半数以上の人がシャワーで済ませるという調査結果もでているようです。

年々シャワー派が増加している反面、30代の女性や60~70歳代では浴槽派も多いそうです。
この様なライフスタイルの変化に合わせて、ユニットバスも従来の機能に立ちシャワーがし易いという特長のある商品が各メーカーから発売されていて、シャワー派のご家庭にはお勧めだと思います。

LIXILから発売されている『アライズ』は3月からフルモデルチェンジされて、「フルフォールシャワー」という機能が追加されました。
お湯が真上から降り注ぐスタイルで、一瞬で身体全体が包み込まれシャワーだけでも十分にリラックスできる機能です。
パナソニックも「座シャワー」を「Theシャワー」にリニューアルして発売されました。
従来の座ってのシャワーから立ったままでのシャワーに対応していて肌あたりがやわらかく、体を包み込むようなシャワーが楽しめます。

浴室のリフォームをご検討の方、お住まいの建て替えをご検討の方には是非、お勧めしたいユニットバスです。


2017年02月02日