第28回 健康情報 『脂肪肝の改善方法』

 4月の新聞に筑波大学の研究結果で「脂肪肝」は1日30分以上の早歩きで改善されるという記事を読みました。
改善が期待できるのはアルコールが原因の「脂肪肝」ではなく、非アルコール性 脂肪性肝疾患のほうです。
体重は減少しなくても「脂肪肝」の改善には効果があるようです。毎日続けるというのは並大抵の努力ではできません。
覚悟を決めて脂肪肝を改善させなくてはいけません。

 脂肪肝は以前も触れましたが放置すると肝硬変、ウィルス肝炎、慢性肝炎、肝臓がんに進行する可能性があります。
自覚症状がほとんど無い為、血液検査をしないとわからない場合がほとんどです。
研究結果では運動時間が長いほど、内臓脂肪面積や血中の中性脂肪濃度が減少しており、特に週250分以上運動した場合は肝臓の炎症を防ぐ物質や善玉コレステロールが増加し、細胞を傷つける物質が減っていたことが確認されているようです。
歩くだけならお金はかかりませんし、老後寝たきりになる予防にもつながるのではないでしょうか。
「継続は力なり」の言葉通りに毎日、歩くことが重要です。
脂肪肝と診断された方はまず、毎日歩きましょう。


2015年08月02日